Blueair Classic 480i

Blueair Classic 480i

Blueair Classic 480i

ダストフィルターモデル

適用床面積*   ~55m2(〜33畳)
* 日本電機工業会JEM1467規格に基づく数値。

LDKなど暮らしのメインスペースに最適。

(左から順に)
※ Camfil社による実証データ。実際の効果は、部屋の状況や使用方法により異なります。
※ 一日24時間使用した場合に6ヶ月ごとの交換が必要です。
※ スピード1運転時

HEPASilent® Technology

HEPASilent® Technology

Performance

0.1μm以上の微粒子を99.97%*まで除去できるブルーエア独自の 「HEPASlient®テクノロジー」。
汚染物質を、イオナイザーを通過する際にマイナス帯電させ、目の粗さが異なるプラス帯電した多層フィルターでキャッチ。
1枚で構成されたフィルターに比べて格段に目詰まりを起こしにくく、風量も維持しながら、静音性と省エネにも貢献します。
*Camfil社による実証データ。実際の効果は、部屋の状況や使用方法により異なる。

Performance
Design

Design

創業当初から変わらないホワイトとダークグレーを基調としたシックで清潔感のあるシンプルなデザイン。
スチール製のボディは、重厚感を演出しながら、堅牢さと静かな運転音を兼ね備えます。
操作パネルは直感的に操作できるインターフェイスを採用。どなたでも簡単にお使いいただけます。

Wi-Fi Control

Wi-Fi Control

Wi-Fi機能により、「Blueair Friend(ブルーエアフレンド)」アプリと連動します。
外出先などの離れた場所からも電源のON/OFFや運転スピードの調整、
ナイトモード設定などを制御することが可能です。
また、世界各地の屋内と屋外の空気環境をリアルタイムにモニタリングし、
データを蓄積しグラフで表示します。 * Blueair Friendアプリを使用するには、ブルーエアがIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz帯)のWi-Fiネットワークに接続している必要があります。

世界基準『CADR(=Clean Air Delivery Rate)』

世界基準*1CADR
(=Clean Air Delivery Rate)

ブルーエア480iのCADRスコアはタバコ煙/280 ホコリ/300 花粉/300*2
世界基準 『CADR』に基づいてブルーエアがお薦めする推奨フロア面積は、~40m2(~24畳)。この空間の空気を1時間あたり5回清浄します。

*1 米国家電製品協会(AHAM)によるクリーンエア供給性能に関する基準CADRが、アメリカ、カナダ、中国、韓国などで利用されていることから事実上の世界基準とする(2018年10月現在)
*2 ANSI/AHAM AC-1に基づく試験結果。各項目の最高値はタバコ煙:450cfm/ホコリ:400cfm/花粉450cfm