Happy Easter!

Happy Easter!

イースターは日本語では「復活祭」と言い、イエス・キリストの復活をお祝いする日です。イースターは、「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」と決められているため毎年日付が変わり、2016年は3月27日(日)となります。

イースターといえば、「たまご」や「うさぎ」をイメージしますね。
たまごは、新しい命を持つ“生命”や”復活”のシンボルとして扱われていたことから、イースターとも繋がりが深いようです。イースターには、絵を描いたりカラフルに色をつけたりしたたまご「イースターエッグ」を、宝探しのように子供たちが探す「エッグハント」という遊びをします。そのエッグハントをしていたときに、うさぎが草むらから飛び出してき、そこを見るとイースターエッグが隠されていた、ということから「うさぎ」もイースターに登場するようになったという説もあるとか。一方で、うさぎは多産の動物で、昔から春や豊作のシンボルともされているため、イースターのモチーフとされているようです。

スウェーデンもイースターはお祝いされるのですが、ポスク(Pask)と言われ、最近では長く厳しい冬が終わり、春の訪れを祝うお祭りの日となっています。

イースターエッグを作ったりエッグハントをしたりするのはもちろん、白樺の枝にカラフルな羽を付けた「ポスクリス」という伝統的な飾りを施します。そのためこの時期はスウェーデンの街中がとてもカラフルでキュートに彩られるそう。

まだまだ花粉の飛散が多い日が続くため、週末はブルーエア空気清浄機で花粉をブロックしつつ、お家の中で楽しめるイースターエッグ作りやエッグハント、またポスクリスでお部屋の飾りつけをするのも良いかもしれませんね!