寝室の空気は睡眠の質を左右します

寝室の空気は睡眠の質を左右します

「なんだか疲れが取れにくい」「目覚めが悪い」現代人の多くは、睡眠についての悩みを抱えています。
皆さんも、少しでも質の良い睡眠を手に入れたいと思っていることでしょう。
質の良い睡眠は単に疲れを取るだけでなく、美容やダイエット、代謝の改善、免疫力の向上などさまざまなメリットがあります。

睡眠の質を高めるには、寝具を見直す、食事に気をつける、体を温めるなどいくつかの方法がありますが、まず何よりも寝室の空気をきれいにすることが不可欠です。
なぜなら室内空気は、屋外空気に比べ5倍も汚染濃度が高い*から。
本来睡眠は、起きている間に疲労した体力、脳、細胞を修復する機能を果たしています。
ですが睡眠中に吸い込む空気が汚れていれば、自然と呼吸が浅くなるばかりか、体は汚染物質から守ることを優先し、細胞の回復が後回しになってしまうのです。

寝具にはダニやダニの死がい、繊維由来のホコリが非常に多く発生します。また人の滞在時間が長いので髪の毛やフケや垢も増加します。湿度も高くダニの繁殖を促進しやすい環境です。
つまり寝室は家の中でもっとも空気が汚い場所のひとつなのです。

寝室に空気清浄機。快適な睡眠を得るために知って欲しい、もっとも重要な対策です。

寝室には、機能美を追求したインテリジェント空気清浄機 Blueair Sense+ (ブルーエア センス プラス)がおすすめ。
11畳までの空間の空気を1時間に5回もきれいにするハイスピード清浄で、睡眠中の空気を健やかに保ちます。
寝具やインテリアに合わせて選べる6色展開。あなたのお好みは何色のBlueair Sense+ですか?

*アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)