ぐっすり眠れる「ナイトモード」の使い方

ぐっすり眠れる「ナイトモード」の使い方

寝室は1日の1/3ほどを過ごす空間ですが、寝具由来の繊維くず、ホコリ、ダニ、ノミ、人の髪や垢、フケなどハウスダストが多く充満する空間でもあります。
睡眠時に汚れた空気を吸いこんでしまうと、体は吸い込んだ異物の対処を優先してしまい、体力の回復や細胞の活性化がおろそかになってしまいます。つまり寝室の空気の質は、睡眠の質にも影響するのです。

関連記事:寝室の空気は睡眠の質を左右します

Wi-fi対応のブルーエア空気清浄機は、専用のBlueair Friend アプリを使って便利な「ナイトモード」の設定ができます。アプリでナイトモードをONにすると、運転スピードとLEDランプの明るさがお好みに合わせて毎日スケジュールできます。

運転速度      :OFFからスピード3まで1分単位で設定できます。
LEDランプの明るさ :OFFから4まで5段階で設定できます。

快適で健康的な睡眠を得るため「ナイトモード」を使ったおすすめのおやすみ方法をご紹介します。

■LEDの明るさ
就寝中は「月明かり」程度の明るさが好ましいといわれています。
LEDランプは、就寝1時間前くらいからOFFまたは1程度に落すのがおすすめです。

■運転速度
運転速度をスピード1にすれば、稼働していることを忘れてしまうほどの静かさです。
朝方にアレルギー症状が起きる「モーニングアタック」を回避するためにも、OFFにはせず稼働を続けましょう。

■設置場所
枕元ではなく足元に設置しましょう。
寝返りを打ったりして布団のホコリが舞い上がっても、足元に空気が流れるので吸いこんでしまうリスクが低減します。

ちなみに「ナイトモード」という名称ですが、夜に限らず日中のスケジュール設定も可能です。
外出中はLEDも運転速度も落としたり、朝目覚める時間から出かけるまでの間だけハイスピードにしたり。
ライフスタイルに合わせたベストな使い方をみつけてみませんか?

Blueair Friendアプリ対象機種
Blueair Classic ( 680i 480i 280i )
Blueair sense+