ペットアレルギー

ペットアレルギー

犬や猫に限らずペットを飼うことは特別なことではなく、世界中多くの家でペットは大切な家族の一員として一緒に暮らしています。ですが、ペットを飼いながらペットの毛や羽に対しアレルギーを持っている人がいることも事実。

米国喘息アレルギー協会(The Asthma and Allergy Foundation of America)によると、ペットアレルギーは主にペットの毛が原因であり、特にすでに他のアレルギーや喘息を患っている場合はなおさら反応しやすく、アメリカで実施した調査では、アレルギーを患っている10人のうち3人は猫アレルギーまたは犬アレルギーも患っており、猫アレルギー患者は犬アレルギー患者の2倍も多くいることが分かりました。

また、People for the ethical Treatment of Animals(PETA)は、アレルギーを引き起こすアレル物質はペットの毛やフケ、糞や尿、唾液に含まれており、カーペットなどの奥深くで何ヶ月も生き延びると述べています。 また、American Lung Association (ALA)はアレルギーの原因となる物質を持たない猫や犬はおらず、短毛あるいは無毛なペットでさえ長毛のペットと同じようにフケは発生し、さらには室内の空気環境に影響を及ぼすとも述べて。ペットのフケは、毛や羽を持つ動物から剥がれ落ちた極小の皮膚の片から成り、その微細な皮膚の片が、それらをトリガーとするアレルギー患者のアレルギー症状や喘息を悪化させるのです。

典型的なペットアレルギーの症状としては、くしゃみや鼻水、目のかゆみや涙、咳などがありますが
喘息を患っている場合、息苦しさや胸部に圧迫感を感じたり咳が出ることで睡眠不足になったりすることがあります。さらに、ペットアレルギーに関連する症状は、ペットが室内で過ごし換気の回数が減る冬の時期のほうが悪化しやすくなります。

薬を処方してもらう他に、ペットアレルギーに対する何か良い対処法はあるのでしょうか。
まずは常に一緒に居ないこと、またペットをタオルなどのファブリックやベッドルームには近寄らせないこと、そして、空気清浄機の使用を検討することです。

ブルーエア空気清浄機は、微細な物質もしっかりとハイスピードで除去します。またフィルターは多層構造のため、一般的な目の細かいフィルターを比べ目詰まりもしにくく風量を維持されます。ブルーエア空気清浄機を使うことで、アレルギーを患っていてもペットと一緒に過ごす時間が少しでも楽しい時間となりますように!