風薫る5月は黄砂も飛来する季節

風薫る5月は黄砂も飛来する季節

風薫る5月。新緑を吹き抜けるさわやかな初夏の風が清々しい季節です。
そんな5月の空気は本当に清々しいのでしょうか?

実は例年春先~初夏にかけて中国大陸から黄砂が飛来するシーズンでもあります。
特に今年(2017年)はゴールデンウィーク終盤から5月中旬にかけて、日本全域にかなりの黄砂が飛来しています。

黄砂が飛来すると、大気が霞んで視界不良になったり、車や洗濯物が汚れるなどの影響があります。なかでも最も厄介なのが、健康に悪影響を及ぼす、大気汚染物資PM2.5をつれて来ること。
そのため「ここ数日体調がすぐれない」「喉の痛みや咳が止まらないなど」の不調を訴える人が続出しているのだとか。特にアレルギーや呼吸器疾患のある方には、行政がマスク着用などの対策を呼びかけている地域もあります。

目に見えない空気の状態を知るには、ブルーエアが提供している無償のスマートフォンアプリ「Blueair Friend」アプリをご活用ください。

自分の暮らす街や、これから向かう都市。
アプリ上のマップから地域を選択すれば、その地域のAQI(空気質指標)、PM2.5、二酸化窒素、オゾン、二酸化硫黄のレベルを数値で可視化できます。

この機能はWi-Fi対応のブルーエア空気清浄機がなくても使用できます。
黄砂やPM2.5から身を守るために、自分を取り巻く屋外の空気環境をチェックし、適切な対策をとりましょう。

また室内空気は、屋外空気に比べ5倍も汚染濃度が高い*といわれていますが、空気清浄機を使用することで安心できる空気環境をつくり出すことができます。
*アメリカ合衆国環境保護庁(EPA)

室内空気はブルーエア空気清浄機で対策を。世界が認めた高い除去率とハイスピード清浄で、PM2.5のような有害物質も素早く除去し、健康で快適な空気環境を提供します。

▶「Blueair Friend」についてもっと詳しく→http://www.blueair.jp/blueair-friend/