スウェーデンでの修理時の税制優遇

スウェーデンでの修理時の税制優遇

物が壊れた時、修理に出して使い続けますか?あるいは、壊れた物は捨て新品を購入しますか?

スウェーデンでは物が壊れ修理をした場合、税制優遇を受けられる法案が議会に提出されました。
自転車や洋服、靴などを修理する際にかかる付加価値税を25%から12%へ引き下げるという法案と、冷蔵庫や洗濯機など白物家電の修理にかかる人件費の最大半分を所得税から還付できるという2つの法案です。

この税制優遇により新たな修理サービス産業を発展させ、公的な教育を受けていない難民に対する雇用が生まれることが見込まれているとともに、物を消費することに対する意識を変え、ひとつのものを長く使用することが根付くことで製造時の二酸化炭素排出量の削減へ繋がるとされています。

再生可能エネルギーで電力をまかない、二酸化炭素削減にも積極的に取り組んでいる環境先進国スウェーデンですが、物に対して”消費文化”であることは他の多くの国がそうであるのと同じ。

個人の行動を少し変えることで産業や環境への貢献となるこの政策は、他国の私たちを含め生活スタイルを見直すきっかけを与えてくれています。

法案は、12月に行われる投票で可決された場合、2017年1月1日から施行される予定です。