Blueair APPについて

Blueair Friendアプリのみで可能な機能は以下の通りです。
なお、アプリの仕様は今後予告なく変更になる可能性があります。

●Blueair Sense+/Blueair Classicに対して
– 電源ランプの明るさ調整
  電源ランプの明るさを5段階(消灯含む)で調整します。
 - チャイルドロック設定
  手動での稼動を制限します。チャイルドロックを設定した場合、運転速度および電源のオン・オフはアプリでしか行うことができません。
 - ナイトモード設定
  運転速度と電源ランプの明るさをスケジュール予約します。運転速度は4段階(電源オフの状態含む)、電源ランプの明るさは
5段階(消灯含む)、曜日は週7日、時間は1分単位で設定することができます。
 - オートモード設定
  Blueair Sense+の場合:Blueair Aware(別売)と連動させることで、自動で最適な運転速度に調整します。
  Blueair Classicの場合:自動で最適な運転速度に調整します。

運転速度の調整、電源のオン・オフ、(Blueair Classicのみ)オートモード設定は手動でもアプリでも行うことができます。

“●Blueair Awareに対して
 - 即時観測データの確認(数値化)
 - 過去に観測されたデータの確認(数値化)
 - LEDの明るさ調整
  LEDの明るさを5段階(消灯含む)で調整します。
 - ナイトモード設定
  LEDの明るさをスケジュール予約します。LEDの明るさは5段階(消灯含む)、曜日は週7日、時間は1分単位で設定することがで
きます。”
“●Blueair Friendアプリ
– 室外空気環境の観測データ確認(数値化)
 - 室外空気環境の過去に観測されたデータの確認(グラフ化)
 - サポート関連情報の提供(取扱説明書やFAQ,トラブルシューティング)
 - プロフィール・製品情報の入力
 - フィルター交換までの日数表示           など

Wi-Fiに対応したブルーエア製品を持っていなくても、アプリをダウンロードすると室内外の測定値や過去に観測されたデータをグラフ化し確認することができます。

はい、可能です。

はい、可能です。

Wi-Fiに対応したブルーエア空気清浄機のみ対応が可能です。

DaoHaus、World Air、Wyndというパートナーからの情報を表示しております。

AQI(USのEPAが発行する空気質指数)、O3(オゾン)、CO(一酸化炭素)、PM2.5(粒径2.5μm以下の粒子状物質)、
SO2(二酸化硫黄)、PM10(粒径が10μm以下の粒子状物質)、NO2(二酸化窒素)の観測値を表示しています。ただし、観測ステーションによって観測内容は異なります。

AQIとは、空気質指数といい空気がどのくらい汚染されているかを表す指標です。AQIが高ければ高いほど、健康に悪い影響を及ぼします。基準値は国ごとに定められており、Blueair Friendアプリではアメリカ合衆国環境保護庁の基準を採用しています。AQIは健康への影響度合いを6つに分類しています。
http://cfpub.epa.gov/airnow/index.cfm?action=aqibasics.aqi

iOS:iOS9.3以降、Android:4.4以降です

セキュリティに関する詳細については回答することができませんが、ブルーエア社はお客様の個人情報を守るため、セキュリティ対策に関しては万全を期すようにしております。

Apple watchとペアリングさせることは可能で、次のことができます。
   ①:観測したPM2.5数値の表示
   ②:室外のPM2.5数値の表示
   ③:①と②の比較表示


メールでお問い合わせする

お問い合わせ

メールでのお問い合わせをご希望の方は、下記のフォームからご連絡ください。メールにて回答させていただきます。(翌日以降になる場合がございます)購入後すぐに製品登録をすれば、購入年月日・販売店名も忘れずに記入して覚えておくことができます。

お電話でのお問い合わせ

平日 9:30〜17:30(土日・祝日・年末年始 除く)
携帯・PHSからもご利用いただけます。

フリーダイヤル0120-974-419