室内空気の
マイクロプラスチック汚染

Blueair Story Vol.04
Jun 5, 2018

マイクロプラスチック汚染の問題

マイクロプラスチックによる環境汚染と健康被害の問題は深刻で、世界的危機として各国が対策を急いでいます。
プラスチックに汚染された海洋の海洋生物を食したり、ペットボトル飲料を飲んだりすることで人体に取り込まれるリスクは以前から指摘されていました。

しかし近年では、呼吸によって、空気中に存在するマイクロプラスチックを吸い込んでしまっているという事実に注目が集まっています。


空気中のマイクロプラスチックの発生源

マイクロプラスチックとは5mm〜0.1μmほどのごく小さなプラスチック粒子を指します。
マイクロプラスチックは洗顔用品や歯磨き粉などのスクラブ剤を使用する化粧品に含まれています。また、家具、おもちゃ、タッパー、ビニール袋、建築材などあらゆるプラスチック製品や合成繊維の破片からも発生し空中を舞っています。
室内空気中のマイクロプラスチックは、屋外よりもはるかに高濃度です。

story_vol4_image02

マイクロプラスチックがもたらす健康被害

呼吸によって人体に取り込まれたマイクロプラスチックは、肺の深部にまで達します。最も小さい粒子は血流にまで流入し、心臓血管や脳血管疾患を引き起こしたり、癌を誘発したり、ヒトの免疫系や神経系に影響を及ぼすことも。
しかもマイクロプラスチックは、人間の免疫で除去したり消化したりすることはできません。

特に危険にさらされているのは、子どもたち。子どもは、呼吸器系が未発達であるうえに、大人よりも早く呼吸し体重に対して多くの空気を吸います。そのためマイクロプラスチックの汚染に対してより脆弱になります。幼い子どもは、床の上で多くの時間を過ごしますが、そこはホコリに紛れたマイクロプラスチックが潜んでいるのです。

story_vol4_image03

ブルーエアは空気中のマイクロプラスチックを除去します。

高性能空気清浄機 ブルーエアは、独自の特許技術「HEPASilent®テクノロジー」によって、0.1μmの極小粒子までも99.97%除去。
マイクロプラスチック粒子はもちろん、花粉、ホコリ、タバコ煙、細菌、ウイルス、VOCも徹底的に除去します。

ブルーエアは、空気清浄機の性能を表すグローバル基準「CADR(Clean Air Delivery Rate)」で最高値以上を取得*。世界最高レベルの空気清浄機であることが証明されています。
*Blueair Classic 600シリーズでの結果

story_vol4_image04

室内空気中のマイクロプラスチックを減らすヒント

● 合成繊維よりも自然繊維で出来た服や生地を選ぶよう心がけましょう。
● 換気を心がけましょう。屋外よりも室内のほうがマイクロプラスチックは溜まるとされています。
● 床にはたくさんのマイクロプラスチックが溜まります。こまめに掃除機をかけましょう。
● カーペットには、マイクロプラスチックやホコリが溜まりやすいカーペットを減らしましょう。
● 最も長く過ごす部屋に空気清浄機を設置しましょう。ブルーエア空気清浄機はマイクロプラスチックの除去に効果を発揮します。

story_vol4_image05

ブルーエア ラインナップ

item_image_classic
Blueair Classic Series

不変のパフォーマンスとデザインを誇る、Wi-Fi対応ブルーエアのスタンダード空気清浄機。
詳細はこちら

item_image_sense
Blueair Sense Series

機能美を極めた北欧モダンなWi-Fi機能搭載空気清浄機機能美を極めた北欧モダンなWi-Fi機能搭載空気清浄機。
詳細はこちら

item_image_bluebyblueair
Blue by Blueair Series

アクティブなライフスタイルのためのパワフル空気清浄機。アクティブなライフスタイルのためのパワフル空気清浄機。
詳細はこちら