ブルーエアとは | 【公式】ブルーエア空気清浄機 | Blueair

Aboutブルーエアとは

with the power of  clean air

きれいな空気は私たちの生活を より良くします。
走ること。 遊ぶこと。 家族を愛すること。 眠ること。 考えること。

きれいな空気の力で、 私たちは あらゆることを 実現できるのです。

世界が認めた きれいな 空気で、 より快適に 暮らしませんか?

室内の空気がきれいだと、花粉症や鼻炎などのアレルギー症状を抑えるだけでなく、深い眠りや集中力の維持など心身に良い影響を与え、より健康的で快適に生活できると言われています。

そしてブルーエア空気清浄機は「きれいな空気の供給率」を測る世界基準CADR(Clean Air Delivery Rate)において最高水準の評価を獲得しています。

秘密はウイルスレベルの浮遊物を除去する高性能フィルターとハイスピード清浄機能できれいな空気を作り出す能力の両立。だから、室内の空気をすぐにきれいにし、ずっときれいな状態を保つことができるのです。

世界60カ国以上で愛される、空気清浄機専業メーカー ブルーエアは、あなたと家族の快適な暮らしのために、世界基準のきれいな空気を24時間365日供給し続けます。

Technologyブルーエアのテクノロジー

独自技術「HEPASilent®テクノロジー」

高い除去性能と、ハイスピード清浄。
矛盾する2つの機能を両立させた理想のテクノロジーは、空気清浄機専業メーカーのブルーエアだからこそ実現できたのです。

さらに詳しく

ウイルス、花粉、ニオイにも。

ブルーエア空気清浄機の有害物質を除去する性能とそのスピードは、数々の試験機関により実証されています。

現代におけるさまざまな空気の悩みに応え、安心で上質な空気環境を提供するためにブルーエア空気清浄機の性能の高さを実証するために第三者機関において数々の除去性能試験を行っています。

さらに詳しく

Certification技術の証

世界基準*1CADR値で最高水準の評価を取得

世界には空気清浄機選びのための基準があります。それが「CADR(=Clean Air Delivery Rate/クリーンエア供給率)」。
ブルーエアは全てのモデルで世界基準*1CADRの認証を取得しています。

省エネ性能基準「ENERGY STAR®」認定

ブルーエアは低消費電力の省エネルギー製品として「ENERGY STAR®」の認定を受けています。
ENERGY STARは、米国で開発され同国環境保護庁(EPA)およびエネルギー省が定める厳格なガイドラインに適合した製品のみに与えられます。

世界の信頼を勝ち取ってきた ブルーエアの足跡

ブルーエア社は創業者の この思いをもとに 1996年に 空気清浄機専業メーカーとして スウェーデンで設立。
以来、空気清浄機の 高級ブランドとして 欧米や中国など 世界60カ国以上で 支持されています。
一般家庭のみならず、 病院やレストラン、 高級時計の工房、 大手コンピューターメーカーの リペアセンター、 大使館など、 上質な空気を求める さまざまな企業や組織にも 導入されています。

さらに詳しく

Blueair Designブルーエアのデザイン

空気にこだわりたい空間はデザインにもこだわりたい。
そんな空気清浄機はありますか?

ブルーエアはスウェーデンデザイン
その美しさはあらゆるインテリアに調和します。

ブルーエアは、北欧ならではの「いいものを長く使う」という思想に基づいて開発されています。
時代を超えて愛される北欧デザインは、さまざまなライフスタイルに溶け込み、モダンで洗練された空間を演出。
常に技術革新とスウェーデンデザインを融合し、卓越したプロダクトを開発し続けています。

スウェーデン国立美術館も 認めるデザイン性の高さ
コレクションとして 所蔵されています

北欧を代表するデザイン賞「エクセレント・スウェーデン・デザイン賞」ほか世界各国のデザイン賞を受賞しています。

各種デザイン賞

Easy Maintenanceかんたんお手入れ

フィルター掃除なんて面倒なことから解放されませんか?

ブルーエアは約6カ月~1年に一度フィルター交換*2するだけ。
交換のたびに初期性能に生まれ変わります。

フィルターが汚れてしまうと空気清浄機の性能は著しく低下します。
高い清浄性能を長く維持するためには、汚れたフィルターは定期的に交換すること。
空気清浄機専業メーカーとしてブルーエアはそう考えます。
約6カ月~1年に一度フィルターを交換*3するだけでわざわざフィルター自体を掃除したり、汚いホコリに触れる必要はありません。

*1:米国家電製品協会(AHAM)によるクリーンエア供給性能に関する基準CADRが、アメリカ、カナダ、韓国などで利用されていることから事実上の世界基準とする。

*2:24時間稼動の場合の目安。機種によって異なる。