ブルーエアを選ぶ理由

ブルーエアを選ぶ理由

ビデオを見る

きれいな空気を、より速く*1静かに*2
0.03μmまでのウイルスレベルの超微粒子まで
99.99%以上清浄*3

ブルーエアが誇る独自技術、
HEPASilent Ultra™テクノロジー

この革新的なBlueairのフィルタリング技術は、粒子イオン化技術と多層構造のフィルター除去を組み合わせることにより、空気をより速く*1清浄し、より多くのきれいな空気を生み出します。
さらにBlueair独自の目詰まりしにくい独自のフィルターとわずかな電力でパワフルな風を生み出すファンが、
大風量なのに静か*2に、0.03μmまでの空気中の粒子を99.99%以上清浄*3します。

45%

より、きれいな空気*1(HEPAフィルターとの比較)

クリーン エア供給率 (CADR) は、どれだけの空気をきれいにできるか、どれくらいの速さできれいな空気を供給できるかをテストする世界的な規格です。結果は、Blueair 空気清浄機がより効果的に空気をきれいにし、通常の HEPA フィルターを使用するよりもより速く、大量のきれいな空気を供給することを示しています。

45%

99.99%

以上の微粒子を除去*3

粒子イオン化技術と多層構造のフィルター除去技術を組み合わせることにより、0.03μmまでの空気中の有害物質を99.99%以上除去します*3。つまり、ほこり、花粉、煙などの大きな粒子はもちろん、ウイルスやバクテリアなどの非常に小さな粒子までも除去します。

45%

より、速くきれいに*1(HEPAフィルターとの比較)

アメリカ合衆国環境保護庁の室内環境レポートによると、室内の空気は屋外の空気の約5倍も汚染されていると報告されています。そのため、空気清浄機は、汚染物質が屋内空間に舞うよりも前に、素早く除去することが重要です。ブルーエア空気清浄機はハイスピード清浄によりそれを実現します。

29%

省エネを実現*4(HEPAフィルターとの比較)

家庭の空気をきれいに保つためには、空気清浄機は24時間365日稼働しておく必要があります。そのため、ブルーエア空気清浄機は、エネルギー使用量と環境への影響を最小限に抑えるように設計されています。 実際、Blueairの空気清浄機は丸1日稼働しても電気代は約5円*5と、電気代を気にせずに使える省エネ性に優れています。

ごく微細な有害物質も効率的に除去

室内の空気を健康に保つためには、空気清浄機は空気中の汚染物質をできるだけ多く、素早く除去する必要があります。
ブルーエアの基幹技術、HEPASilent Ultra™テクノロジーは、一般的に0.3μmまでの粒子除去の性能とされている
HEPAフィルターの1/10のサイズの細菌やウイルスなどを含む0.03μmまでの微粒子を99.99%以上除去*3することが可能です。

Virus

ウイルス

PM2.5

ホコリ

花粉

ペットのフケ

カビ

ダニ

バクテリア

Dust

繊維

VOC

タバコ煙

科学物質

調理臭

汗臭

トイレ臭

ペット臭

*Blueair Protect / DustMagnet / Blue 3000の場合。

ブルーエア 製品ラインナップ

1 / 1

【試験機関】CEPREI(中国)【試験方法】GB規格 GB/T 18801-2015に基づくCADR値計測試験
【試験対象及び試験機運転条件】
(1) HEPASilent Ultra テクノロジー:Blueair Protect 7470iにH11フィルターを搭載し、イオナイザーユニットをONにした状態で運転
(2) HEPAフィルター:Blueair Protect 7470iにH13フィルターを搭載し、イオナイザーユニットをOFFにした状態で運転
【計測方法】同一のファンスピード(652RPM)で運転した場合のCADR値を計測
(1) 試験結果:CADR値 363 m³/h
(2) 試験結果:CADR値 251 m³/h
【試験結果】試験(1)が(2)と比較して44.6%CADR値が高い。
*周囲環境(湿度・温度)、運転時間、フィルターの使用期間、劣化状況により異なります。

Blueair Protect 7770i 「スピード1」運転時、27dB(A)。

【試験機関】暮らしの科学研究所(株)【試験方法】30m³試験空間にてBlueair Protect 7770iを運転させ、SMPSにより粒子濃度の測定実施
【試験粒子】塩化カリウム(5w%水溶液)【試験機運転条件】Blueair Protect 7770iを「スピード3」で運転
【試験結果】約30分で30~100nmの超微粒子を99.99%以上除去 *周囲環境(湿度・温度)、運転時間、フィルターの使用期間、劣化状況により異なります。

【試験機関】CEPREI(中国)【試験方法】GB規格 GB/T 18801-2015に基づくエネルギー消費量計測試験
【試験対象及び試験機運転条件】
(1) HEPASilent テクノロジー:Blue 3610にH11フィルターを搭載し、イオナイザーユニットをONにした状態で運転
(2) HEPAフィルター:Blue 3610にH13フィルターを搭載し、イオナイザーユニットをOFFにした状態で運転
【計測方法】近似値のCADR値で運転した場合のエネルギー消費量を計測
(1)試験結果:エネルギー消費量 14.3W
(2)試験結果:エネルギー消費量 20.2W
【試験結果】(1)が(2)と比較して29.2%エネルギー消費量が低い。
*周囲環境(湿度・温度)、運転時間、フィルターの使用期間、劣化状況により異なります。

Blueair Protect 7700シリーズ「スピード1」の場合。電気代27円/kWhで計算。実際の使用方法や環境により異なります。

【試験機関】RISE Research Institute of Sweden AB (ボロース、スウェーデン)【試験方法】欧州フィルター規格EN 1822-5:2009に基づくフィルター粒子捕集率試験 【試験粒子】塩化カリウム【試験結果】0.1~1㎛までの微粒子を99.97%以上除去*フィルターの除去性能です。部屋全体への除去性能とは異なります。