Historyブルーエアの足跡

ブルーエアが創業したのは1996年のこと。
創業者ベント・リトリの『人は誰でもきれいな空気の中で生活する権利がある』という想いのもと、卓越した技術で独自の空気清浄機を開発し、着実に信頼を集めてきました。
近年はIoTなどの先進技術も積極的に採用。ラインナップも充実し、世界中に愛用者を増やしています。

  1. 1996

    スウェーデン・ストックホルムにてベント・リトリ氏が創業

  2. 1997

    ブルーエア初の空気清浄機「Blueair 401」をリリース

  3. 1998

    エクセレント・スウェーデン・デザイン賞を受賞。スウェーデン国立美術館に展示

  4. 2000

    「Blueair 501」がAHAM(米国家電製品協会)が定めるCADR(クリーンエア供給率)の最高値を獲得する

  5. 2004

    米国の環境保護庁とエネルギー省によって定められた「ENERGY STAR」マークを取得

  6. 2010

    日本上陸を果たし「Blueair 650E」など3モデルをリリース

  7. 2012

    「Blueair Sense」が日本でグッドデザイン賞を獲得

  8. 2013

    中国のアメリカ大使館が全職員に数千台を導入

  9. 2015

    海外でWi-Fi対応モデルとエアモニター専用アプリをリリース
    (日本は2016年から)

  10. 2016

    創業20周年を迎えたこの年、新たに「Blue Pure」シリーズが登場

  11. 2018

    Blue Pure 231 を加えラインナップを拡充

  12. 2019

    初の車載用空気清浄機「Blueair Cabin」シリーズをリリース