FAQBlueair Classic

Blueair Classic

電源プラグにアースが付いている理由は「万一への備え」です。 つまり水周りなどをどうしても避けられない事業所など、特殊環境下で使用される可能性を考慮したためです。 ただし、水周りでのご使用は取扱説明書等で禁止としております。
特に問題ありません。 電気が復旧したら、再度電源を入れ運転を再開してください。 ただし災害時は、安全のため電源プラグをコンセントから抜いていただくことをおすすめします。 Wi-Fi対応機種の場合、Wi-Fiの再設定は必要ありません(Wi-Fiネットワークには自動的に接続します)。
本体サイズ、推奨フロア面積等が異なります。
-Blueair Classic 680i:推奨フロア面積/72㎡(44畳)、適用床面積/123㎡(75畳) サイズ/高さ660 x 幅500 x 奥行き340mm
-Blueair Classic 480i:推奨フロア面積/40㎡(24畳)、適用床面積/55㎡(33畳) サイズ/高さ590 x 幅500 x 奥行き275mm
-Blueair Classic 280i:推奨フロア面積/26㎡(16畳)、適用床面積/41㎡(25畳) サイズ/高さ530 x 幅440 x 奥行き210mm
Blueair Classic には次の2種類のフィルターをご用意しております。 ご使用されるお部屋の状況やお悩みに応じて、最適なものをお選びください。
・ダストフィルター: 空気中の花粉、カビ、ホコリなど様々なサイズの粒子をより素早く除去する能力に優れています。本体に標準搭載されているのはこちらのフィルターです。
・ニオイフィルター: 組み込まれた活性炭の効果で、ニオイ物質をより素早く除去する能力に優れています。別売でご用意しております。
「ダストフィルター」:空気中のチリ・ホコリや微生物といった微小物体をより素早く除去する能力に優れています。
「ニオイフィルター」:組み込まれた活性炭の効果でニオイ物質をより素早く除去する能力に優れています。
ご使用されるお部屋の状況に応じて、最適な方をお選びください。
Blueair Classic の吸引・供給方向はそれぞれ次の通りです。

Blueair Classic 290i / 280i / 205
背面から吸込 → 天面へ供給
webanim_classic200_i
Blueair Classic 490i / 480i / 405
側面から吸込 → 側面へ供給
webanim_classic400_i
Blueair Classic 690i / 680i / 605
底面&側面から吸込 → 天面&側面へ供給
webanim_classic500600_i
Blueair Classic の1時間あたりの電気代は次の通りです。
680i / 605: 0.3~2.2円*
480i / 405: 0.2~1.6円*
280i / 205: 0.4~1.4円*
* 単位電気代27円/kWhで計算。実際の使用方法や運転スピード、環境により異なる。
電源ボタンは、本体天面全方の開閉式カバー下にございます。 カバーを開けて運転ボタンを押してください。
リモコンは付属しておりませんが、Blueair Friendアプリと連動させることで、スマートフォンなどの端末から操作することも可能です。
Blueair Friendアプリについてもっと詳しく→Blueair Friendアプリと連動し、次のような操作や機能の設定を行うことができます。 ①電源のON/OFF&風量調整: 外出先でも遠隔操作で、ブルーエア空気清浄機本体の電源のON/OFFや、運転スピードの調整ができます。いつでもどこでもお好みの空気環境を整えることが可能です。 ②ナイトモードやチャイルドロック: ナイトモードをONにすると、運転スピードとLEDランプの明るさをお好みに合わせて毎日スケジュール設定することができます。 運転速度は4段階(電源OFFの状態を含む)、LEDランプの明るさは5段階(消灯を含む)、曜日は週7日、時間は1分単位で設定することができます。 また、チャイルドロック機能も備えており、小さなお子さまがいても安心してお使いいただけます。 ③屋外空気のモニタリング: PM2.5やPM10、一酸化炭素、二酸化窒素、オゾンなど世界各国の屋外の空気環境をリアルタイムでモニターします。 お住まいの地域や外出先などを設定すれば気になる屋外空気がいつでも簡単にチェックできます。 ④室内空気のモニタリング: 内蔵センサーまたはBlueair Awareで感知した室内のPM2.5、VOC、温度、湿度をリアルタイムでモニターし、空気質改善のヒントを提供します。またデータを蓄積し、空気環境の変化をグラフで確認することができます。 (605/405/205は別売のエアモニター Blueair Awareとの接続が必要です)
Blueair Classic とアプリを連動させる手順は次の通りです。
 ①App StoreまたはGoogle PlayからBlueair Friendアプリをダウンロードします。
 ②アプリの画面右上の「+」をタップして、「Blueair Classic」を選択します。
 ③アプリの説明に従い、本体のWi-Fiボタンを3秒間長押しします。
 ④スマートフォンと同じWi-Fiネットワークに接続しようとしていることを確認して、Wi-Fiネットワークのパスワードを入力します。
 ⑤接続完了画面が表示されれば接続は完了です。本体を識別するため、名前をつけてご使用を開始してください。
Blueair Friendアプリにはシリーズ、モデルに関わらずブルーエア製品数十台以上を登録することが可能です。
複数の端末(つまり複数のアカウント)から1台のブルーエア製品をコントロールすることはできません。 ただし、ひとつのアカウントを複数人で共有してアプリにログインした場合は、複数の端末から操作することが可能です。
Wi-Fiに接続しなくても(=アプリに接続しなくても)使用は可能です。電源ON/OFFおよび運転速度の調整などは、天面のカバー下にある操作パネルで行ってください。
Blueair Friendアプリと連動させると、ナイトモードを設定することができます。 ナイトモードでは、運転速度、電源オン・オフと電源ランプの明るさをスケジュール予約できます。
680i、480i、280iにはPM2.5、VOC、温度、湿度センサーが搭載されているため、屋内空気環境のモニターや オートモードの使用が可能です。 605、405、205には各種センサーは搭載されていないため、空気清浄機単体でオートモードを使用することはできません。(別売のエアモニター Blueair Awareと連動することで使用可能となります) 空気清浄性能は、680iと605(480iと405、280iと205)は同じです。
それぞれ次の通りです。
  ・680i / 605: 適用床面積*1 ~123㎡(75畳)
   CADR値に基づく推奨フロア面積*2 ~72㎡(44畳)
 
  ・480i / 405: 適用床面積*1 ~55㎡(33畳)
   CADR値に基づく推奨フロア面積*2 ~40㎡(24畳)
 
  ・280i / 205: 適用床面積*1 ~41㎡(25畳)
   CADR値に基づく推奨フロア面積*2 ~26㎡(16畳)
 
CADR値に基づく推奨フロア面積は、1時間あたり5回清浄できる広さを表しています。
 
*1 日本電機工業会JEM1467規格に基づく数値。
*2 CADR値から算出された推奨値。
8畳あたりの清浄時間はそれぞれ次の通りです。
 ・680i / 605: 約4分*
 ・480i / 405: 約9分*
 ・280i / 205: 約11分*

* 日本電機工業会JEM1467規格に基づき算出(スピード3運転時)。
ブルーエア社の独自技術であるHEPASilent®(ヘパサイレント)テクノロジーを採用しています。 このHEPASilent®テクノロジーとは、粒子イオン化技術と高性能フィルター技術を融合したブルーエア独自の空気清浄技術であり、高い除去性能とハイスピード清浄を両立している理想的なテクノロジーです。

HEPASilent®(ヘパサイレント)テクノロジーについもっとて詳しく → https://www.blueair.jp/about/technology#hepa
Blueair Classic に搭載されているフィルターは、ブルーエア社が独自開発した3ステップHEPASilent®フィルターです。 目の大きさが異なる3枚のフィルターを重ねて圧着し、折りたたむことにより吸着面を最大化しております。 また、あらかじめプラス帯電を施してあるため、マイナス帯電した微粒子を強力に除去します。 ご購入時の本体にはこの技術が使われたダストフィルターが搭載されています。 ニオイフィルターを搭載したモデルはご用意しておりませんので、別売のニオイフィルターにてご対応ください。
ブルーエア空気清浄機は百貨店、家電量販店などの取扱店舗にてご覧いただけます。 取扱店舗一覧)をご覧ください。 一部お取り扱いがない店舗がございますので、詳しくは各店舗へお問い合わせください。
ブルーエアクラシックシリーズは、HEPASilent®テクノロジーにより、0.1μmまでの有害物質を99.97%*1 除去することが実証されています。 そのため、黄砂やディーゼル排気粒子などのPM2.5(空中に浮遊する粒子径 2.5μm以下の微粒子)についても取り除くことが可能です。
* Camfil社による実証データ。実際の効果は、部屋の状況や使用方法により異なる。
標準搭載のダストフィルターでも効果はありますが、特に臭いが気になる場合には、活性炭を備え脱臭力に優れた別売のニオイフィルターのご使用をお勧めします。 ニオイフィルターのご購入・詳細はこちらをご覧ください→https://store.blueair.jp/category/FILTERS
標準搭載のダストフィルターでも効果はありますが、特に臭いが気になる場合には、活性炭を備え脱臭力に優れた 別売のニオイフィルターのご使用をお勧めします。 ニオイフィルターのご購入・詳細はこちらをご覧ください→https://store.blueair.jp/category/FILTERS
標準搭載のダストフィルターでも効果はありますが、特に臭いが気になる場合には、活性炭を備え脱臭力に優れた別売のニオイフィルターのご使用をお勧めします。 ニオイフィルターのご購入・詳細はこちらをご覧ください→https://store.blueair.jp/category/FILTERS
Blueair Classic のうち680i、480i、280iの3モデルには、PM2.5、VOC、温度、湿度センサーが搭載されているため、本体の操作パネルやBlueair Friendアプリから、オートモードを設定することができます。 605、405、205には各種センサーは搭載されていないため、空気清浄機単体でオートモードを使用することはできません。 ただし、別売のエアモニター Blueair Awareと連動することで、Blueair Friendアプリからオートモードを設定することができるようになります。
Blueair Classic のすべてのモデルはBlueair Friendアプリと連動させることで、スマートフォンから「ナイトモード」を設定することができます。 ナイトモードでは、電源のON/OFFおよび運転スピードの設定、本体正面にあるLEDランプの明るさを曜日ごとにスケジュール予約できます。
Blueair Classic のすべてのモデルはBlueair Friendアプリと連動させることで、スマートフォンからチャイルドロックを設定することができます。 チャイルドロックを設定すると、本体側の操作パネルからの操作ができなくなります。
本体サイズ、推奨フロア面積等が異なります。

-Blueair Classic 690i / 680i / 605:適用床面積/123㎡(75畳)、推奨フロア面積/72㎡(44畳) サイズ/ 幅500 x 奥行き340 x 高さ660mm
-Blueair Classic 490i / 480i / 405:適用床面積/55㎡(33畳)、推奨フロア面積/40㎡(24畳) サイズ/ 幅500 x 奥行き275 x 高さ590mm
-Blueair Classic 290i / 280i / 205:適用床面積/41㎡(25畳)、推奨フロア面積/26㎡(16畳) サイズ/ 幅440 x 奥行き210 x 高さ530mm
Blueair Classic には次の3種類のフィルターをご用意しております。 ご使用されるお部屋の状況やお悩みに応じて、最適なものをお選びください。

 ・デュアルプロテクションフィルター: 690i / 490i / 290i に初期搭載(Classicシリーズの他モデルにも互換性あり)
  空気中の花粉、カビ、ホコリなど様々なサイズの粒子をより素早く除去する能力に優れています。
  さらに、環境に優しくかつ除臭能力の高いココナッツカーボンを加えることで、従来品より早くニオイ物質を除去してくれます。

 ・ダストフィルター: 680i / 605 / 480i / 405 / 280i / 205 に初期搭載 (Classicシリーズの他モデルにも互換性あり)
  空気中の花粉、カビ、ホコリなど様々なサイズの粒子をより素早く除去する能力に優れています。

 ・ニオイフィルター: 組み込まれた活性炭の効果で、ニオイ物質をより素早く除去する能力に優れています。(2019年11月末をもって販売終了となります)
・デュアルプロテクションフィルター: 690i / 490i / 290i に初期搭載(Classicシリーズの他モデルにも互換性あり)
 空気中の花粉、カビ、ホコリなど様々なサイズの粒子をより素早く除去する能力に優れています。
 さらに、環境に優しくかつ除臭能力の高いココナッツカーボンを加えることで、従来品より早くニオイ物質を除去してくれます。

・ダストフィルター: 680i / 605 / 480i / 405 / 280i / 205 に初期搭載 (Classicシリーズの他モデルにも互換性あり)
 空気中の花粉、カビ、ホコリなど様々なサイズの粒子をより素早く除去する能力に優れています。

・ニオイフィルター: 組み込まれた活性炭の効果で、ニオイ物質をより素早く除去する能力に優れています。(2019年11月末をもって販売終了となります)
Blueair Classic の運転音は次のとおりです。(スピードによって異なります)  

・690i / 680i / 605: 32-62db(A)
・490i / 480i / 405: 32-52db(A)
・290i / 280i / 205: 32-56db(A)  
Blueair Classic の1時間あたりの電気代は次の通りです。

・690i / 680i / 605: 0.3~2.2円*
・490i / 480i / 405: 0.2~1.6円*
・290i /280i / 205: 0.4~1.4円*

* 単位電気代27円/kWhで計算。実際の使用方法や運転スピード、環境により異なる。
電源ボタンは、本体天面全方の開閉式カバー下にございます。 カバーを開けて運転ボタンを押してください。
リモコンは付属しておりませんが、Blueair Friendアプリと連動させることで、スマートフォンなどの端末から操作することも可能です。

Blueair Friendアプリと連動し、次のような操作や機能の設定を行うことができます。

①電源のON/OFF&風量調整: 外出先でも遠隔操作で、ブルーエア空気清浄機本体の電源のON/OFFや、運転スピードの調整ができます。いつでもどこでもお好みの空気環境を整えることが可能です。

②ナイトモードやチャイルドロック: ナイトモードをONにすると、運転スピードとLEDランプの明るさをお好みに合わせて毎日スケジュール設定することができます。 運転速度は4段階(電源OFFの状態を含む)、LEDランプの明るさは5段階(消灯を含む)、曜日は週7日、時間は1分単位で設定することができます。 また、チャイルドロック機能も備えており、小さなお子さまがいても安心してお使いいただけます。

③屋外空気のモニタリング: PM2.5やPM10、一酸化炭素、二酸化窒素、オゾンなど世界各国の屋外の空気環境をリアルタイムでモニターします。 お住まいの地域や外出先などを設定すれば気になる屋外空気がいつでも簡単にチェックできます。

④室内空気のモニタリング: 内蔵センサーまたはBlueair Awareで感知した室内のPM2.5、VOC、温度、湿度をリアルタイムでモニターし、空気質改善のヒントを提供します。またデータを蓄積し、空気環境の変化をグラフで確認することができます。

(605/405/205は別売のエアモニター Blueair Awareとの接続が必要です。2019年8月末をもってBlueair Awareは販売終了いたしました。)
主な特長は次の通りです。

 ①世界基準*1 No.1*2 の空気清浄能力
 ②専業メーカーだからこその独自技術 HEPASilent®テクノロジー
 ③シンプルな美しさを追求した北欧デザイン
 ④お手入れ簡単&シンプル操作
 ⑤24時間365日使える暮らしにやさしい設計

*1 米国家電製品協会(AHAM)によるクリーンエア供給性能に関する基準CADRが、アメリカ、カナダ、中国、韓国などで利用されていることから事実上の世界基準とする(2018年10月現在) *2 CADR(クリーンエア供給率)の公開値でブルーエア600シリーズが最高値以上を取得。
2019年11月末時点でのラインナップは、次の6機種です。
 ・690i / 490i / 290i *2019年11月28日発売
 ・605 / 405 / 205

2019年11月までは、以下の3機種も販売しておりました(2019年11月末で一部取り扱い先を除き、終売)。
 ・680i / 480i / 280i
以下の点が異なります。

 ・センサーの有無
 690i / 680i / 490i / 480i / 290i / 280i: PM2.5、tVOC、温度、湿度センサーが搭載されているため、
 屋内空気環境のモニターやオートモードの使用が可能です。

 605 / 405 / 205: センサーが搭載されていないため、室内環境のモニターやオートモードを使用することはできません。

 ・初期搭載フィルター
 690i / 490i / 290i: デュアルプロテクションフィルター
   680i / 605 / 480i / 405 / 280i / 205: ダストフィルター 
それぞれ次の通りです。

  ・690i / 680i / 605: 適用床面積*1 ~123㎡(75畳)
   CADR値に基づく推奨フロア面積*2 ~72㎡(44畳)

    ・490i / 480i / 405: 適用床面積*1 ~55㎡(33畳)
   CADR値に基づく推奨フロア面積*2 ~40㎡(24畳)

    ・290i / 280i / 205: 適用床面積*1 ~41㎡(25畳)
   CADR値に基づく推奨フロア面積*2 ~26㎡(16畳)

  CADR値に基づく推奨フロア面積は、1時間あたり5回清浄できる広さを表しています。

*1 日本電機工業会JEM1467規格に基づく数値。
*2 CADR値から算出された推奨値。
8畳あたりの清浄時間はそれぞれ次の通りです。

 ・690i / 680i / 605: 約4分*
 ・490i / 480i / 405: 約9分*
 ・290i / 280i / 205: 約11分*

* 日本電機工業会JEM1467規格に基づき算出(スピード3運転時)。
ブルーエア社の独自技術であるHEPASilent®(ヘパサイレント)テクノロジーを採用しています。 このHEPASilent®テクノロジーとは、粒子イオン化技術と高性能フィルター技術を融合したブルーエア独自の空気清浄技術であり、高い除去性能とハイスピード清浄を両立している理想的なテクノロジーです。

HEPASilent®(ヘパサイレント)テクノロジーについもっとて詳しく → https://www.blueair.jp/about/technology#hepa
Blueair Classic に搭載されているフィルターは、ブルーエア社が独自開発した「HEPASilent®フィルター」です。
プラスに帯電させたフィルターを幾層にも重ねて折り畳むことにより、吸着面を最大化しました。これにより、一般的なフィルターよりも高い除去性能でありながら、目詰まりをおこしにくく、安定したクリーンエア供給が可能になりました。
空気清浄機の本質はフィルターにあります。ブルーエアのフィルターには空気清浄機専業メーカーならではの技術が詰まっています。 商品機種によってご購入時初期搭載されているフィルターが異なります。

680i、605、480i、405、280i、205の本体にはこの技術が使われたダストフィルターが搭載されています。
690i、490i、290i に関してはニオイ除去に特化したデュアルプロテクションフィルターが搭載されております。
X90iシリーズに搭載されているデュアルプロテクションフィルターを使用した場合、5分で99%以上除去することを確認しております。

また、X80iやX05シリーズに搭載されているダストフィルターを使用した場合も30分で約95%除去します。*
ただし、付着臭(壁紙や布製品に染み付いたニオイ)につきましては、取り除くことができませんので 日常的にブルーエア空気清浄機を使用してニオイ発生時にすぐに除去することをお勧めします。

*【試験機関】(株)環境管理センター 【試験方法】1㎥試験空間にて循環試験を実施 【臭気成分】糞便臭を想定した硫化水素、ペット臭を想定したイソ吉草酸、タバコ臭 【脱臭の方法】ブルーエア 690iをスピード「1」運転で実施
【試験結果】
<介護環境臭> デュアルプロテクションフィルターを使用した場合は5分で99%以上除去。ダストフィルターを使用した場合も30分で約99%除去。
<疑似ペット臭> デュアルプロテクションフィルターを使用した場合は5分で99%以上除去。ダストフィルターを使用した場合も30分で約99%除去。
<タバコ臭> デュアルプロテクションフィルターを使用した場合は5分で99%以上除去。ダストフィルターを使用した場合も30分で約95%除去。
脱臭効果は周囲環境(温度・湿度)、運転時間、フィルターの使用期間、劣化状況、臭気によって異なる。
X90iシリーズに搭載されているデュアルプロテクションフィルターを使用した場合、5分で99%以上除去することを確認しております。*

X80iやX05シリーズに搭載されているダストフィルターを使用した場合も30分で約99%除去します。*
ただし、付着臭(壁紙や布製品に染み付いたニオイ)につきましては、取り除くことができませんので日常的にブルーエア空気清浄機を使用してニオイ発生時にすぐに除去することをお勧めします。

*【試験機関】(株)環境管理センター 【試験方法】1㎥試験空間にて循環試験を実施
【臭気成分】糞便臭を想定した硫化水素、ペット臭を想定したイソ吉草酸、タバコ臭 【脱臭の方法】ブルーエア 690iをスピード「1」運転で実施
【試験結果】
<介護環境臭> デュアルプロテクションフィルターを使用した場合は5分で99%以上除去。ダストフィルターを使用した場合も30分で約99%除去。
<疑似ペット臭> デュアルプロテクションフィルターを使用した場合は5分で99%以上除去。ダストフィルターを使用した場合も30分で約99%除去。
<タバコ臭> デュアルプロテクションフィルターを使用した場合は5分で99%以上除去。ダストフィルターを使用した場合も30分で約95%除去。
脱臭効果は周囲環境(温度・湿度)、運転時間、フィルターの使用期間、劣化状況、臭気によって異なる。
X90iシリーズに搭載されているデュアルプロテクションフィルターを使用した場合、5分で99%以上除去することを確認しております。*

X80iやX05シリーズに搭載されているダストフィルターを使用した場合も30分で約99%除去します。*
ただし、付着臭(壁紙や布製品に染み付いたニオイ)につきましては、取り除くことができませんので 日常的にブルーエア空気清浄機を使用してニオイ発生時にすぐに除去することをお勧めします。

*【試験機関】(株)環境管理センター 【試験方法】1㎥試験空間にて循環試験を実施
【臭気成分】糞便臭を想定した硫化水素、ペット臭を想定したイソ吉草酸、タバコ臭 【脱臭の方法】ブルーエア 690iをスピード「1」運転で実施
【試験結果】
<介護環境臭> デュアルプロテクションフィルターを使用した場合は5分で99%以上除去。ダストフィルターを使用した場合も30分で約99%除去。
<疑似ペット臭> デュアルプロテクションフィルターを使用した場合は5分で99%以上除去。ダストフィルターを使用した場合も30分で約99%除去。
<タバコ臭> デュアルプロテクションフィルターを使用した場合は5分で99%以上除去。ダストフィルターを使用した場合も30分で約95%除去。 脱臭効果は周囲環境(温度・湿度)、運転時間、フィルターの使用期間、劣化状況、臭気によって異なる。
Blueair Classic のうち690i、490i、290i、680i、480i、280iの6モデルには、PM2.5、tVOC、温度、湿度センサーが搭載されているため、本体の操作パネルやBlueair Friendアプリから、オートモードを設定することができます。

605、405、205には各種センサーは搭載されていないため、空気清浄機単体でオートモードを使用することはできません。
ただし、別売のエアモニター Blueair Awareと連動することで、Blueair Friendアプリからオートモードを設定することができるようになります。(2019年8月末をもってBlueair Awareは販売終了いたしました。)

Load More