「Blue Pure 411」に関するよくある質問 | 【公式】ブルーエア空気清浄機 | Blueair

FAQBlue Pure 411

Blue Pure 411

プレフィルターは、劣化したときや雰囲気を変えたいときに交換いただけます。
交換用プレフィルターのブルーエアストア(公式ストア)での販売価格は次の通りです。
・231 プレフィルター(各色):1,300円(税抜)
・411 プレフィルター(各色):1,000円(税抜)
231と411は、メインフィルターとプレフィルターの2種類のフィルターを使用します。
ただし、どちらの機種もメインフィルターは Particle + Carbon フィルター1種類のみとなります。(2018年12月以降) プレフィルターは布製のカバー状になっており、それぞれカラーバリエーションをご用意しております。
本体下部360°から吸込 → 天面へ供給 です。
次の通りです(運転スピードにより異なります)。
 ・411 Particle + Carbon: 17-46db(A)
1時間あたりの電気代は次の通りです。
 ・411 Particle + Carbon: 0.03~0.3円*1

*1 単位電気代27円/kWhで計算。実際の使用方法や運転スピード、環境により異なる。
加湿機能はございません。
チャイルドロック機能はございません。
Blue Pureシリーズには各種センサーが搭載されていないため、オートモードを使用することはできません。
リモコンは付属しておりません。
24時間連続で使用した場合、メインフィルターは約6カ月を目安としております。
約6カ月経つと、操作ボタンの周りのLEDが赤色に点灯します。赤色に点灯したら、 フィルターを交換して、操作ボタンを5秒以上長押ししてリセットしてください。 プレフィルターは汚れたら水洗いをして、劣化したら交換してください。
Blue Pure 411

 ①本体上部を下方向に押し込みながら、ゆっくりと反時計回りに回します。
 ②差込ロックが解けたら、本体上部を持ち上げて外します。
 ③フィルターの上に載っているカバー(ドーナツ型のプレート)を外し、プレフィルターを取り外します。
 ④フィルターのタブ(つまみ)部分を持ち、上に引き上げてフィルターを取り外します。
 ⑤新しいフィルターをタブ(つまみ)部分が上になるように取り付けます。
 ⑥フィルターを完全に覆うように、プレフィルターをかぶせます。
 ⑦フィルターの上にカバー(ドーナツ型のプレート)を載せます。
 ⑧本体上部を下方向に押し込みながら、ゆっくりと時計回りに回して、差込ロックにしっかりと固定します。
 ⑨プラグをコンセントに差し込みます。
 ⑩本体天面にある操作ボタンを5秒間長押しして、リセットします。
 (ランプが3回点滅して赤色から白色に変わればリセット完了です)
本体のプラグをコンセントから抜き、次の手順でプレフィルターを交換してください。

Blue Pure 411
 ①本体上部を下方向に押し込みながら、ゆっくりと反時計回りに回します。
 ②差込ロックが解けたら、本体上部を持ち上げて外します。
 ③フィルターの上に載っているカバー(ドーナツ型のプレート)を外し、プレフィルターを取り外します。
 ④フィルターを完全に覆うように、新しいプレフィルターをかぶせます。
 ⑤フィルターの上にカバー(ドーナツ型のプレート)を載せます。
 ⑥本体上部を下方向に押し込みながら、ゆっくりと時計回りに回して、差込ロックにしっかりと固定します。
411 Particle + Carbon:
プレフィルターはDiva Blue(ディーバブルー)、Saffron Red(サフランレッド)、Dark Shadow(ダークシャドウ)の3色のカラーバリエーションがございます。
ご購入時の本体には、Diva Blueのプレフィルターがセットされております。
プレフィルターが汚れたら、以下の通りに水洗いしてください。
 ・30℃以下の水洗い(洗濯機も)可
 ・塩素系漂白剤の使用不可
 ・アイロン掛け不可
 ・ドライクリーニング不可
 ・乾燥機の使用不可(自然乾燥のみ)
また、劣化したら交換してください。
日常的なお手入れは特に必要ありません。
メインフィルターの交換時期になると、LEDが赤色に点灯してお知らせしますので、フィルターを交換してください。 フィルター交換の目安は約6カ月に1回*1 です。
また、プレフィルターは汚れたら水洗いをして、劣化したら交換してください。

*1 24時間使用の場合の目安
本体は洗剤を使わず、柔らかい清潔な布で拭いてください。布を湿らせる場合は、固く絞ってからご使用ください。
ガソリン、有機溶剤、腐食性の液体などは、本体表面の塗装を傷つける場合がありますので、使用しないでください。
主な特長は次の通りです。
 ①360°全方向吸引による効率的なパワフル清浄
 ②独自の粒子イオン化技術と表面積の大きなフィルター
 ③シンプル操作&お手入れ簡単
 ④選べるカラーバリエーション
 ⑤24時間365日使える暮らしにやさしい設計
2018年12月時点でのラインナップは、次の2機種です。
 ・Blue Pure 231 Particle + Carbon
 ・Blue Pure 411 Particle + Carbon

2018年11月までは、以下の2機種も販売しておりました(2018年12月で一部取り扱い先を除き、終売)。
 ・Blue Pure 221 Particle
 ・Blue Pure 221 Particle and Carbon
231と411に搭載されているParticle + Carbon フィルターは、花粉やホコリ、PM2.5などの微粒子を除去するフィルターと、 活性炭を練り込んだ除臭カーボンシートの組み合わせによるフィルターです。 空気中の細かな粒子と、日常的な気になるニオイのそれぞれに効果を発揮します。 また、折りたたみ式の形状により、保管や廃棄の利便性が高いことも特長となります。
一方で、221専用として販売されていた、Particle and Carbon フィルターは、カーボンシートではなく 約1.2kgの活性炭を含むことで、空気中のニオイ物質を強力に除去します。
次の通りです。
 ・411 Particle + Carbon: 適用床面積*1 ~22㎡(13畳)

*1 日本電機工業会JEM1467規格に基づく数値。
次の通りです。
 ・411 Particle + Carbon: 約20分*1

*1 日本電機工業会JEM1467規格に基づき算出(スピード3運転時)。
粒子イオン化技術と、表面積の大きなフィルターを組み合わせた、ブルーエア独自の空気清浄技術です。
粒子イオン化技術とは、マイナスの電荷を帯びたイオンを空気中の粒子と結びつけ、吸引したうえで プラス帯電したメインフィルターで除去する技術です。 また、360°から空気を吸い込み、天面へ空気を引き上げる力を最大限に利用することで、低電力でも効率よく パワフルな空気吸引を実現しました。
次の通りです。
411 Particle + Carbon: 幅200 x 奥行き200 x 高さ425(mm)、約1.5kg
次の通りです。
 ・411 Particle + Carbon:
  樹脂
ブルーエア社が独自開発した、表面積が最大化されている Particle + Carbon フィルターです。
花粉やホコリ、PM2.5などの微粒子を除去するフィルターと、活性炭を練り込んだシートが組み合わせてあります。 Blue Pureシリーズでは、こちら以外のフィルターを搭載したモデルはご用意しておりません。
従来モデルの221ではParticle フィルターとParticle and Carbonフィルターの2種類をご用意しておりましたが、 221の販売終了に伴い、Particle + Carbon フィルターに統一されました。
プレフィルターは、次の通りのカラーバリエーションをご用意しております。
 ・411: Diva Blue(ディーバブルー)、Saffron Red(サフランレッド)、Dark Shadow(ダークシャドウ) の3色
次の通りです。
 ・411: Diva Blueのプレフィルターを本体に装着しております。
省エネを目的としたインバーターは搭載しておりませんが、 米国の環境保護庁(EPA)およびエネルギー省が定める厳格なガイドラインに適合した省エネルギー製品に与えられる Energy Star®の認定を受けております。
Energy Star認定製品は、一般的に合衆国連邦政府の基準より20-30%、エネルギー効率が良いとされております。
百貨店、家電量販店などの取扱店舗にてご覧いただけます。(https://www.blueair.jp/support/shoplist)
一部お取り扱いがない店舗がございますので、詳しくは各店舗へお問い合わせください。
次の通りです。
 ・411 Particle + Carbon:
  2017年10月25日より全国の百貨店や量販店で販売しております。
20~40μmほどの花粉やカビ、ホコリなどから、0.5~2.5μmほどのタバコの煙、黄砂など、様々な粒子サイズの有害物質を 除去できます。一方で、タバコの有害物質(一酸化炭素等)は除去できません。
また、常時発生しているニオイ成分(ペット臭、建材臭等)は全て除去できるわけではありません。
Blue Pureシリーズは、粒子イオン化技術と表面積の大きなフィルターの組み合わせにより、 PM2.5についても除去することが可能です。
・411 Particle + Carbon:
Particle + Carbon フィルターには除臭カーボンシートが付いているため、日常的な気になるニオイにも効果を発揮します。
・411 Particle + Carbon:
 Particle + Carbon フィルターには除臭カーボンシートが付いているため、日常的な気になるニオイにも効果を発揮します。
・411 Particle + Carbon:
 Particle + Carbon フィルターには除臭カーボンシートが付いているため、日常的な気になるニオイにも効果を発揮します。
・411 Particle + Carbon:
電源アダプターをコンセントに差し込み、本体天面の操作ボタン(blueロゴがある丸いボタン)に触れてください。
操作ボタンはタッチセンサー式のため、押し込むことはできません。 操作ボタンに触れるたびに、スピード1→2→3→電源オフの順に切り替わります。
稼動スピードは、操作ボタンの周りのLEDでご確認いただけます。
Blue Pureシリーズには各種センサーは搭載されておりません。
スケジュール機能はございません。
・411 Particle + Carbon:
本体天面の操作ボタンの周りのLEDは、稼動している状態では消灯することができません。
Blue PureシリーズにはWi-Fi機能は搭載されておりません。
Blue PureシリーズにはWi-Fi機能が搭載されていないため、Blueair Friendアプリと連動させることはできません。
メインフィルターは水洗いすることができませんが、日常的なお手入れも不要です。
プレフィルターは水洗いが可能ですので、汚れたら洗濯をしてください。
日数のカウントは稼動した時間単位で行われており、24時間稼動で1日分のカウントとなります。
フィルター交換までの日数は、本体に表示されません。
・411 Particle + Carbon:
約6カ月経つと、操作ボタンの周りのLEDが赤色に点灯しますので、メインフィルターを交換してください。
フィルターを取り外しても交換までの日数はリセットされません。
・411 Particle + Carbon:
日数をリセットするには、LEDが赤色に点灯した状態で、操作ボタンを5秒以上長押ししてください。
フィルターを交換しても、自動的に日数のリセットはされません。
・411 Particle + Carbon:
日数をリセットするには、LEDが赤色に点灯した状態で、操作ボタンを5秒以上長押ししてください。
概ね、家庭ごみとして処分いただけますが、処分方法は自治体によって異なる場合がありますので、 詳しくはお住まいの市区町村窓口でご確認ください。
オープン価格です(取扱店舗により異なる可能性がございます)。
ブルーエアストア(公式ストア)での販売価格は次の通りです。
 ・411 Particle + Carbon: 18,000円(税抜)
保証書は商品に同梱されています。 保証期間は、ご購入から1年間です。
メインフィルターは、約6カ月に1回*1 交換をしていただく必要があります。
交換用メインフィルターのブルーエアストア(公式ストア)での販売価格は次の通りです。
・400シリーズ Particle + Carbon フィルター:3,000円(税抜)

*1 24時間使用の場合の目安
弊社の直販サイトおよびブルーエアサービスセンターで販売する他、百貨店、家電量販店などの取扱店舗にてご購入いただけます。 (https://www.blueair.jp/support/shoplist
一部お取り扱いがない店舗がございますので、詳しくは各店舗へお問い合わせください。

Load More